日置谷城跡

所在地:京都府綾部市八津合町
別名:なし
築城年:不明
築城主:上林氏?
廃城年:不明
主な城主:上林氏?
遺構:曲輪、土塁、空堀など
指定文化財:なし
訪城日:2019年11月23日(土)晴
駐車場:上林禅寺駐車場

概要
日置谷城の城史は詳細不明です。遺構は、主郭は逆L字型になっており周囲をはぼ土塁で巡らされているが西側と南側の土塁は幅が広い。主郭の西と北側に堀切があり北側は二重堀切になっている。この西と北側の斜面には8本の竪堀が連続する。城郭談話会の福島克彦氏によると、枡形状虎口や折れのある土塁などから織豊系の陣城と指摘している。こちらの地名が本城ということや、上林氏が明智光秀に従っていたことが文献から明らかに出来ることから、日置谷城は上林氏の本城と考えた。


上林禅寺

上林禅寺由緒

登城口にある観音堂

東郭

土塁

堀切

主郭の方に向かいます

竪堀





畝状竪堀

畝状竪堀







曲輪

竪堀



竪堀

二の丸



二の丸

主郭



空堀



土塁





土塁

土塁

土塁

主郭

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

総訪問者数

プロフィール

播磨河内守

Author:播磨河内守
なんとなく城跡巡りへようこそ!

○写真などの無断転載を禁止します。
○相互リンク募集中です。リンクはフリーです。
○当ブログの掲載内容につきまして参考資料などを見て掲載はしていますが、情報が古かったり、間違っていたりするかもしれません。ご容赦願います。
○掲載内容について不備等御座いましたらご指摘いただけたら幸いです。

人気ランキングに参加しています。

撮影機種

2017年3月よりEOS M5で撮影しています。